大動脈弁狭窄症の
治療タイミング

大動脈弁狭窄症(AS)は早期に発見し、適切なタイミングで治療することが大切です

早期介入治療の有用性

重症AS患者さんに対する早期介入治療は、保存的治療に比べて全死亡リスク、心不全による入院リスクを低減させることが報告されています1。そのため、心不全において、併存疾患としてのASへ介入治療を行うことは重要といえます。

全死亡・心不全による入院
Taniguchi T, et al. J Am Coll Cardiol. 2015;66:2827-38.

TAVI治療の施行を拒否した患者の予後2

試験概要

TAVI治療の施行を1回以上拒否した患者の予後の検討した試験です。

2013年10月から2016年7月までにTAVIを施行され本邦におけるOCEAN-TAVI registryに登録された重症AS患者1,542例を、TAVI拒否群28例、TAVI非拒否群1,514例に分け、患者背景、周術期の患者転帰、死亡率について比較検討した臨床成績です。

結果

TAVIによる治療を1度でも拒否したことのある患者(拒否群)では、非拒否群に比べて30日死亡率および1年死亡率が有意に高い結果でした。
治療適応があるにも関わらずTAVI治療の施行を少なくとも1回以上拒否した患者では、中期的な予後が悪化する可能性が示唆され、適切なタイミングで治療を開始する必要があります。

全死亡率

拒否群:インフォームドコンセント時に一度でもTAVI治療を拒否したことがある患者群
非拒否群:TAVI治療を拒否しなかった患者群

ベースラインの年齢平均値は、拒否群87.3歳、非拒否群84.3歳、Logistic EuroSCORE 平均値は各18.9%、12.3%、STS score平均値は、各8.8%、6.3%であった。

Shimura T, et al. J Am Heart Assoc.2018;7:e009195.
OCEAN-TAVI registryはエドワーズライフサイエンス株式会社から資金提供を受けている

参考文献

1. Taniguchi T, et al. J Am Coll Cardiol. 2015;66:2827-38.

2. Shimura T, et al. J Am Heart Assoc. 2018;7:e009195.